カードローンとキャッシングの違いは?

消費者金融 大手

カードローンとキャッシングですが、この二つには分けて考えなければならないような違いは現実的にはほとんどありませんし、実際、同じような意味で使われていることが多いです。それでとくに問題が生じることもありませんから、意識する必要性も少ないといえます。
ただし、あえて言えば、両者には違いがあります。あくまで、あえて言えば、であって、この考えに当てはまらないカードローン、キャッシングもありますので、では、その点は理解しておいて下さい。
カードローンとは、主に銀行による融資で、審査は厳しめ、金利は低めです。融資額は場合によりけりですが、少額融資だけではなく、もちろん審査次第ではありますが相当に高額の融資もありえます。一方でキャッシングとは、一番多いのはクレジットカードのものをイメージしてもらえば良いです。クレジットカードには、ショッピング枠とは別に付帯していることも多いです。比較的審査は厳しくありませんが、その分だけ金利は高くなっていることが多いです。また、融資枠も、多くても十万円単位の額であることがほとんどでしょう。
なお、かつては返済方式が両者では異なるといわれることもありました。カードローンでは翌月一括支払い、一方でキャッシングではリボルビング払いというようにです。しかし、最近ではそれこそ両者の区別はほとんどありません。カードローンでもリボルビング払いが増えてきましたし、キャッシングでもちろん一括払いすることも可能です。